*日本歯科審美学会 セミナーに参加してきました!!*

2018-07-15

みなさん こんにちは

歯科衛生士の柴内です。

今日は大変暑かったですね。まだ7月だというのに、この暑さ!!

熱中症には気をつけて過ごしたいものです。

さて、今日はアイボリー歯科クリニック 歯科衛生士の斎藤さん、木村さん、下野さんと4人で

日本歯科審美学会のセミナー “歯周病治療を極める” に参加してきました。

飯田橋にある日本歯科大学生命歯学部にて行われました。

このセミナーではたくさんの講師の方が講演してくださいました。

その中で、とても印象に残ったことは 演者の一人の小林明子先生の講演の中での健康美の定義です。

民芸運動の提唱者 心理学者の柳宗悦さんがおっしゃった言葉を紹介してくださいました。

健康美とは「丈夫で長持ちすること」です。

丈夫で長持ちして長期に安定が担保されて初めて患者さんの満足 患者さんの健康のQO Lにつながります。

80歳で20本歯を残しましょう!!

という8020運動があります。

80歳での残存歯数は

1999年の歯科疾患実態調査では約8本 20本以上の残存歯を持つ人は15%

2005年の調査では約10本 20本以上の残存歯を持つ人は21,1%

2016年に行われた歯科疾患実態調査においては80歳での20本達成率は51.2%と推移しています。

だんだん、増加してきていますね。素晴らしいことです。

これからは単に歯の数ではなくより良い状態で残すことにシフトしてきています。

健康であり続けることをサポートしていくことが重要だということを再認識いたしました。

余談ですが、予防大国のスウェーデンでは、なんと80%の国民が達成しているそうです。

歯科衛生士として、お口の健康をサポートするために、技術知識を深めていきたいと思います。

こちらのデザインは

バザールでござーる!のデザイナーさんがデザインされたものだそうです。

STOP the  PERIO  with Dental Hygienist  (歯科衛生士と一緒に歯周病をストップしましょう!)

このデザインの通り、お口の健康を一緒に守っていきたいです!

定期的なメンテナンスやご自宅でのセルフケアはとても重要です。

是非、メンテナンスに通っていただきたいと思います。

 

本日は実習もありました。

ルートプレーニング スケーリングという歯石をとるための実習ですが、

たくさんの種類の器具を実際に手にとって模型を使って実習をしていきました。

様々なものが、日々開発 発売されていて、新しい物にアンテナを張って良い物をとりいれていきたいと日々感じております。

講習会の最後には修了証もいただきました!!

非常に有意義な1日を送ることができました。

また、セミナーに参加していきたいです。

最後に、スタッフのセミナー参加費を出してくださった理事長の鄭先生に感謝申し上げます。

ありがとうございます!!


カテゴリー アイボリー歯科クリニック

向日葵

2018-07-09

アイボリ-歯科クリニック歯科技工士、治療コーディネーターの乗兼です。

梅雨明けとともに暑い日が続いてますが、皆さま体調はいかがでしょうか?

受付カウンター上のお花が夏らしくひまわりになりました!

ひまわりは”向日葵”と書くように太陽に向かって咲く花です。

皆さまも暑さに負けず、夏を乗り切ってください。


カテゴリー アイボリー歯科クリニック

*アークレイの唾液測定器 シルハのセミナー参加してきました!!*

2018-07-01

みなさんこんにちは

歯科衛生士の柴内です。

 

2018年の後半に突入しましたね。梅雨も例年より20日も早く明けて、夏本番を迎えました。

夏休みが待ち遠しいです。夏バテせずに過ごしたいものです。

 

さて、今日は4月に導入した唾液測定器 SiLLーHa(シルハ)のセミナーに参加してきました。

より多くの方に自分の「歯(Ha)」を 「知る(SiLL)」ことに意識を向けてもらいたい!!という思いを込めてネーミングしたそうです。

当クリニックでもたくさんの患者さんにお受けいただいていると思います。

『自分のお口の中の状況がわかってよかった!!』と喜んでいただけているのではないかと思います。

自分の健康に対するリスク管理をしていき、病気を予防していくのに役立てていけるといいですね。

三鷹の院長の増田先生 衛生士の高橋さん アイボリー歯科クリニックの森本先生 下野さん 斎藤さんと私の4名で参加してきました。

セミナーで得たことをスタッフに伝えて、さらに患者さんへ還元していきたいと思います。

 

今回のセミナーでは唾液測定器の他にもAGEsケアの紹介もしていました。

AGEsとは、食事などで過剰に摂取した糖とヒトのカラダを主に構成しているタンパク質が結び付くことで生成される老化物質の一つで、最終糖化産物と呼ばれているものだそうです。

健康的な生活を送っているヒトは、加齢に伴う蓄積はそれほど多くはありませんが、不適切な食生活や生活習慣、運動不足などで、AGEsの体内での蓄積は増加するそうです。

同年代と比較して蓄積レベルもわかるとのことで、全員トライしてみました。がっかりするようなヒトもいれば、そうでないヒトも(笑)

健康には気をつけていきたいものですね!!

 

 

これから暑い日が続きますので、皆様もお体に気をつけてお過ごしください。

 


カテゴリー アイボリー歯科クリニック